セクキャバって何?セクキャバのお店と仕事内容を徹底解説♫

セクキャバって何?徹底解説コラム
セクキャバて何?ていう疑問を徹底解説。

おっぱぶ・セクキャバの接客内容は

女の子がお酒を作ったり、男性客とお酒を飲み楽しくお話することなので、基本的な仕事内容はキャバ嬢とかなり似ています。

キャバ嬢と同じでお酒が飲めない、アルコール類は体が受け付けないという女の子でもノンアルコール飲料が普通は用意されているので働くのには問題ありません。

しかし、キャバ嬢と全く違うのが男性から女の子の上半身(バスト、胸)へのタッチがOKなところです。

キャバクラの接客との違い

キャバクラは女の子に対してのタッチ・おさわりは原則禁止されていますが、おっパブでは男性からおっパブ嬢のおっぱいへのおさわりがOKとなっています。

なので女の子の服装は胸を触りやすいように胸が開いたドレスを採用しているお店が多いです。

おっパブ独特のハッスルタイム・ショータイム

おっパブではハッスルタイム・ショータイム・ダウンタイムという呼び方の一種のイベントのような時間限定サービスを男性客に提供しています。ハッスルタイムの間は通常時よりも照明が暗くなり女の子は男性の膝の上にまたがります(ちなみに明るい時間帯はアップタイムと呼ばれています)。

おっぱぶ店でのハッスルタイムとはお客さんは女の子のおっぱいを手で直接さわったり、イチャイチャしたりしますが、女の子から男性の性器へのタッチなどのヌキはサービスとしてありません。もちろんフェラチオ、手コキなどの射精などのヌキのサービスもありません。

セクキャバはバスト以外どこまでのプレイがOK?

おっぱぶ・セクキャバ店でのルールを解説します。お店ごとにルールが異なる場合もあります。おっパブ・セクキャバではキスやおっぱいのおさわりなどは許可されていますが、おっパブ嬢の性器などの下半身へのタッチは禁止されてる場合が多いです。

おっパブ嬢の服装はお店によって様々

おっパブ嬢、セクキャバ嬢の気になる服装ですが、おっぱいの谷間が強調された可愛いドレスが多いです。お店によってはコスプレおっパブがあったり、季節イベントがありますので、水着チャイナ服和服メイド女子高生風制服ナース服などのコスプレ服を着ることもあります。お店のコンセプトによっては、季節やイベントに関係なく和装やコスプレを着ることもあります。服装に抵抗がある場合は事前に確認をしましょう。接客中はブラジャーをしないお店がほとんどです。バストを触ることを目的で来店する男性がほとんどなのでブラジャーはサービスとして不要ということのようです。

おっぱぶ嬢・セクキャバ嬢の平均時給、給料の仕組み

時給だけに注目するとカンパイ系のなかでは中の上くらいです。お店に出勤すればほぼ必ず給料がもらえるという点ではデリヘルやソープなど完全歩合制のヌキありのバイトと比較してメリットがあります。おっぱぶ嬢・セクキャバ嬢は時給の他に歩合システムがありますドリンクバック・指名料がオプションとして給料にプラスアルファで入ります。同伴・アフターはお店によって禁止しているところもあればOKだというところもあります。同伴はOKだけどアフターは禁止というパターンもあります。ツーショットキャバクラは男性から非常に人気のある風俗店ですので、稼ぎたい女性にはもってこいです。

タイトルとURLをコピーしました